いらっしゃいませ m(_ _)m 駄文倉庫です。 こちらでは二次小説を扱うこともありますが、原作者様、関係出版社様とは一切関係がありません。それらをご了承の上、ご覧ください
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄文倉庫 案内所(TOP記事です)
2020年03月12日 (木) | 編集 |
駄文倉庫へようこそ!

こちらは有川浩著 「図書館戦争」シリーズを中心とした二次創作の倉庫です。
当然のことながら、
原作者様、出版社様、各種関係者様とは一切関係がありません
あくまでも、趣味の倉庫です。
また、原作シリーズを全部読んだ上での創作になっています。
それらをご了承の上、ご覧ください。よろしくお願いいたします。
(手柴)

図書館戦争シリーズでは、手塚推奨です。なので、カップリングは手塚&柴崎が多いです。
図書館戦争以外にもちょこちょこ書いてます。

過去のものは駄文倉庫 読書室で、お読みいただけます。

2009/11/01発行 ブログ再録本「Winding Road」手柴2008 も、
まだまだた~~~っぷりございますので、
お手元に置いてやってもいいなと思われる方は
再録本申込みフォームからお申込みください。
送料込み 900円となっております

*注*フォームからのお申込み後、3日以内にお返事が届かない場合は、
メールフォーム、もしくはコメント欄よりご連絡ください。
携帯からの申込みの場合、お返事はPCより発信するので拒否されることがあり、
PCアドレスの場合でも、こちらがヤフーメールなのでスパム扱いになることがあります。


再録本表紙

RaSeNの織乃慶也(オノ ケイヤ)さんにおねだりした表紙です。
「とにかく、手柴に笑ってて欲しいんです!」という無茶振りに応えていただきました!
改めてましてけいやさん、ありがとうございました!

びっしり手柴、ぎっしり手柴、これでもか手柴です。
(手柴)      (手柴)      (手柴)


日常的なつぶやきは、日常ブログでっかい独り言、内緒話戯言三昧で公開中です。

現在、更新はしておりません。がたまに浮上することも…
詳しくはこちら


過去作品は読書室で読めます。

駄文倉庫  たくねこ (手柴)


スポンサーサイト
観客動員数1位!
2015年10月14日 (水) | 編集 |
さすがですね。

そりゃあのCM見たら、ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!ですよね。
「帰ってきたら好きっていいますから!」
え?言っちゃうの?それ、言っちゃうの??????
きっと映画館では、悲鳴と地団駄がすごいことになるんでしょうね。

テレビCMだけで、ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!となる私と小娘、
映画館では、タダの迷惑な母娘に成り下がること必須なので、
大人しくしています。

理性がもつとは思えん!
守る手
2015年10月08日 (木) | 編集 |
足りない手塚は自家生産が、駄文倉庫の信条です ( ー`дー´)キリッ

短いものですが、手柴週間ですので、連投!

☆手柴週間とは、手(ten)柴(し=4、ば=8)ということで、手柴の日だぜ、祭りだぜ!という期間のことですです(;´∀`)

お時間がありましたら、続きからどうぞ。
[READ MORE...]
仄香
2015年10月06日 (火) | 編集 |
折りしも【手柴週間】

久々にど~~~~~~ん!

短いものですが、よろしければ続きからどうぞ


[READ MORE...]
やっぱり手塚スキー!
2015年10月06日 (火) | 編集 |
昨日の図書館戦争、見られたでしょうか。
相変わらず倉庫の隅で寝ているたくねこです

毬江ちゃん、とてもけなげで可憐で一途で、かわいかった!!!
本当なら聞こえない、道路の向こうの『小牧の声』が聞こえてしまってたなんて!
図書館戦争の脚本家さん、そして監督さんは、原作スキーのツボを突きまくりますね!

でも、あえて言います。
ええ、私は
手塚スキー!( ̄^ ̄)ゞ
あ、いまさらですね、スミマセンm(_ _)m

最後です、最後です、手塚の見せ場は!
「柴崎に近寄るな!」イェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!
ハニートラップが平気だという柴崎に
「笠原は怒るんじゃないか?自分を大事にしないことに」ええ、ええ、このあとですよ
「俺もな」
キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!
あ、興奮のあまり、小娘蹴っちゃった…
原作ではこの一言、6年も言えないヘタレ君。
がんばりました!お母さんはうれしいっウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
映画公開と共に、駆け込みたいのですが、
気がつけば、倉庫を開いたときに小5だった小娘は高3、受験です。
有川作品からたくさんの影響をうけ、メディア社会学という、ちょっとマイナーな進路を選びました。
すでにAOを落ちる(試験がやたらとハードル高かった。去年は11人受験で合格一人)ということを
やらかしましたが、
今はセンター試験に向けて、勉強中です。

でもね、この二日間は勉強が手につかず…
教官にばれたら、間違いなく「アホか、貴様は!」です。
受験が終るまで、映画は我慢です。
進学後は、図書館司書もとりたいという希望もあるようですので、
今は勉強あるのみです。
カミツレの香りで、ひそかに応援です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。