いらっしゃいませ m(_ _)m 駄文倉庫です。 こちらでは二次小説を扱うこともありますが、原作者様、関係出版社様とは一切関係がありません。それらをご了承の上、ご覧ください
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄文倉庫 案内所(TOP記事です)
2020年03月12日 (木) | 編集 |
駄文倉庫へようこそ!

こちらは有川浩著 「図書館戦争」シリーズを中心とした二次創作の倉庫です。
当然のことながら、
原作者様、出版社様、各種関係者様とは一切関係がありません
あくまでも、趣味の倉庫です。
また、原作シリーズを全部読んだ上での創作になっています。
それらをご了承の上、ご覧ください。よろしくお願いいたします。
(手柴)

図書館戦争シリーズでは、手塚推奨です。なので、カップリングは手塚&柴崎が多いです。
図書館戦争以外にもちょこちょこ書いてます。

過去のものは駄文倉庫 読書室で、お読みいただけます。

2009/11/01発行 ブログ再録本「Winding Road」手柴2008 も、
まだまだた~~~っぷりございますので、
お手元に置いてやってもいいなと思われる方は
再録本申込みフォームからお申込みください。
送料込み 900円となっております

*注*フォームからのお申込み後、3日以内にお返事が届かない場合は、
メールフォーム、もしくはコメント欄よりご連絡ください。
携帯からの申込みの場合、お返事はPCより発信するので拒否されることがあり、
PCアドレスの場合でも、こちらがヤフーメールなのでスパム扱いになることがあります。


再録本表紙

RaSeNの織乃慶也(オノ ケイヤ)さんにおねだりした表紙です。
「とにかく、手柴に笑ってて欲しいんです!」という無茶振りに応えていただきました!
改めてましてけいやさん、ありがとうございました!

びっしり手柴、ぎっしり手柴、これでもか手柴です。
(手柴)      (手柴)      (手柴)


日常的なつぶやきは、日常ブログでっかい独り言、内緒話戯言三昧で公開中です。

現在、更新はしておりません。がたまに浮上することも…
詳しくはこちら


過去作品は読書室で読めます。

駄文倉庫  たくねこ (手柴)


スポンサーサイト
お久しぶりです!
2014年12月04日 (木) | 編集 |
寒波襲来の中、超絶ホットな話題が飛び込んできましたね!

皆様、ご無沙汰しております。
未だに手塚スキー、当駄文倉庫の管理人といいつつ、隅っこで惰眠をむさぼっているたくねこです。

今月発売のLaLaで、コミカライズの最終回となりますが、その予告に
「重大発表あり」と記されていて、
小娘と共に「まさかの岡田教官復活?革命?まさかの革命?」
などと言っておりましたら、
続編決定のニュース!キタ――(゚∀゚)――!!

もうもう、大興奮です!
手塚スキーであることにはかわりありませんが、
岡田教官にはノックアウトです。

気がつけば、倉庫を開いた頃にはまだ小学生で、別冊Ⅱの読書許可を出していなかった小娘、
来年の続編公開時には受験生です。
反抗期も同じ本を読むことで、ワンクッションおいて話し合うということもできました。
本なくしては、母娘のコミュニケーションが成り立たない我が家、
図書館戦争の本当の意味を忘れずにいたいと思っています。
そんな小娘、メディアと社会学を学びたいのだとか。
検閲のある社会にはしない、でもそのためには『何が』必要なのか、
そこをメディアを通してどう働きかけるのか、を知りたいのだとか…

なんにせよ、来年が楽しみです。


お知らせ
2011年12月31日 (土) | 編集 |
日頃、駄文倉庫へお運びいただき、ありがとうございます

自分の『書きたい』を公表することで
少しでも『読んで』楽しんでいただけたらいいなぁと思って始めた駄文倉庫
開いてから三年ほど、
『書きたい』という気持ちのままに自分自身が楽しんで
『読んで』楽しんでいただけることを楽しんできました。

『書きたい』が『書かなくちゃいけない』になってきて
なによりも楽しんでいた10月の『手柴祭り』が中途半端になってしまったこと、
以前は『読んで』楽しんでいただけていたと感じられていたのが
感じられなくなってしまったこと
それらのことから、このまま駄文倉庫を続けていけるのだろうかと
ずっと考えていました。

友人が学生時代から同人誌を作っていて、
コピー本の手伝いをしたこともあったけれど
まさか自分が同人誌を作るとは思いませんでした。
不惑を超えて、たくさんの『初めて』を経験しました。

出会いもたくさんありました。
社会人になってからは、なかなか立場の違う人たちと出会うことはないのですが
一気に年齢も職種も立場の違う人と出会うことができました。

楽しかったです。
でも書くことが楽しくなくなってしまいました
なので、倉庫を閉めようと思います。

駄文倉庫のものは、読書室に移してしばらくは残しておこうと思っています。

とっても楽しい時間をありがとうございました。

たくねこ でした


<追記>
読書室に収納されているものは削除しました   2012/1/11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。